【告白する勇気がなくていい!失敗しても関係が切れにくい!】女友達を都合良く彼女に仕立て上げる告白法



告白せずに女友達を彼女にするには、彼女に「あなたと関係を切りたくない」
と思わせるしかありません。

「それができないから苦労してるんじゃないか!」
と言われそうですが、安心して下さい。

「もう7年もその子と友達やってる、デブでブサで小心者のオレでも大丈夫だって言うの?」

はい、問題ありません。

ここでちょっと、あなたの過去を思い返してみてください。
自分の気持ちをストレートに女友達にぶつけたことがあるでしょうか?

何をするにも彼女の気持ちを考えるあまり、
「もし彼女に嫌がられたら」と常に一歩引いてしまう……。

帰り道、もう少し2人きりで話したいなと思っても
「もう疲れているかな?」と気づかって誘わない。

そう、優しくて女性の気持ちを優先する男性ほど女性は
「この人は私が好きなわけじゃなくて、ただ優しくて、いい人なんだ」
と恋愛対象から外し「どうでもいい人」になってしまうのです。

逆にモテる人はアプローチするとき「彼女がどう思うか」なんて気にしません。

とにかく彼女とつき合えるようになること、手をつなぐこと、
また会う約束をすること、キスすることなど徹底して“異性として意識させる会話”をします。

だからこそ徐々に異性として意識させる会話さえ身につければ、
あなたも今からでも十分、恋愛対象ゾーンへ移行できるわけなのです。

本当にそんなことができるのか・・

そう思われますよね?
ちょっとこちらをご覧ください。

振られて傷つくのがイヤだから告白はあまりしたことがありません
でも今、告白しようと考えてる女友達がいます。
彼女は中学まで一緒の学校で、社会人になって向こうが神奈川の東京寄り、私が東京の神奈川寄りに住む事になりそれからたまに遊んだりするようになりました。
そんな感じの付き合いが4年くらい続き、 1年前に自分とその女友達の他に友達の男女2人と旅行に行ったんです。
1泊で行ったんですが、それまで長くても半日しか一緒に居なかったから今まで見れなかった彼女の一面が見れて、なんだか心がざわついたんです。
一緒に行った男友達から「告白を待つのは男として情けないから、好きなら好きって言ってしまえ!」と言われ、自分も「待っていても仕方がないし、誰かに取られてしまう」と思って勇気を出して「好き」って伝えました。
結果はダメだったんですが、どうしても諦めたくないと思って。
でも「一度断られてるから、どうしたらいいか・・」と悩んでいるときに今回のモニターを知りました。
その中で一度失敗してもそれをカバーする方法があると知り、これで諦めなくて済むかもと最後の望みで出口さんのノウハウに取り組みました。
いただいたテンプレートを頭にインプットし 実際に女友達に会った後、さらに自身の行動を紙に書き出し反省、また良かったところを確認して次回につなげていきました。
一時は、これで彼女とはもう関係は終わりと覚悟していましたが、そんなこともなく次の段階に進めそうな感じです。
まだまだ時間は必要ですが、出口さんにはすごく感謝しております。
(江本さん 宮城県 27才)



私は恋愛で、積極的には行動を起こさない方だと思います。
自分がイヤでもケンカにならないほうを選んで我慢するようなタイプです。
気になる女友達とは3年前ぐらいから友達だったのですが、最近になって良く話したら楽しくて、ちょくちょく遊ぶようになりました。
自分とは違って、少し気が強く引っ張ってくれる同世代の女性です。
自分があまり話さないタイプなので相手が話してくれるところも助かっています。
好きと伝えたいのですが、恥ずかしいのと、自分には不釣り合いだと思っちゃて、どうしても好きと言えない。
そんなとき、出口さんのノウハウを手にしました。
勇気を出してテンプレートに沿って相手を告白へ誘導する行動をしたのですが、 私にまったくそんな素振りを感じられなかったらしく、すごくビックリされました。
でも「嫌いじゃないよ」と笑って言ってくれました。
私も相手から告白してもらえる可能性はあまりなさそうと思っていたので本当に驚きました。(恥ずかしがって言わないと思ってました)
ズルいと自分でも思いますが、確信があると自分の行動が変わりますね。
本当にありがとうございます。
(木村さん 愛知県 35才)




私は女性と深く付き合ったことがありません。
その理由は、自分に自信がないから。
・深く付き合って、自分の内面を知られて、もし離れていかれたら・・
・振られる痛みに耐えられない
・価値のない自分を思い知らされるのが怖い
まだ相手とは何も始まっていなくても、勝手に振られることをシミュレーションしてしまいます。
だから正直言えば、自分に好意があるという確証が欲しいんです。
今、社内で気になる女性がいます。
会社の同期女性でお互いお酒が好きで、よく2人で会社帰りに飲みに行きます。
課内は下戸の人が多く、お店を知っていたり、つまみの話ができたりするのは私だけ。
なので相手に恋愛感情はなく、飲み友達といった関係です。
私は恋愛関係になりたいのですが、しくじって関係が切れるのも怖い。
そこで好意の雰囲気を少しずつ出すようにしたのですが、上手くかわされてばかりです。
そんなときに出口さんのマニュアルに出会いました。
なんであれ、女性を攻める行動は男として望ましいこととおっしゃっていただき、テンプレートに沿って時間をかけて落とす行動パターンをとることにしました。
私が好意を持っていることが知られているため、かなり相手は緊張感がでてきており繊細な心理状態になっていました。
自分なら多分「悪かった」とか「気にしないで」みたいな言葉を言って相手を責めているような感覚にしていたと思います。
そんなことをしていたらどうなっていたか・・と今思うとゾッとします。
完全に断られる流れでしたので、そうなる前にこのマニュアルに出会えて本当に良かったです。
頑張ります!
(HKさん 福岡県 31才)




これらは私のノウハウを実践していただいたモニター様のお手紙の一部です。

残念ながら、現時点でモニター様全員が女友達を彼女にできたわけではありません。

ですが、いただいたお手紙を読ませていただく限り、
ほとんどの方が「良い一歩を踏み出せた」と効果を実感されています。

相手に関係を切りたくないって
思わせるのって大変なんじゃないですか?

大変かどうかの判断は人それぞれなので、なんとも言えません。
ただ信じてもらえないかもしれませんが、あなたがすでに『友達だ』という事実はかなり有利です。

すでに信頼がある
あなたのいいところ、悪いところを十分わかっている
相手の警戒心が完全にとけている
失敗をしても関係が切れにくい

あなたの反省や周りの助けを借りることで復活しやすい
ある程度オープンに話ができる。

例えば「恋の話」なんかの普通の片思い関係では
聞けないような深いことまで聞けるので女友達の事情が手に入りやすい
と言うメリットがあるからです。

しかし奥手で、自分に自信がないと思っている人は 女性を口説くこと自体が苦手だと思います。

私の方法なら時間をかければ、無理に苦手なことをしなくてもよくなります。

どうして友達関係が切れないのか?

それは今回お渡しするテンプレートに沿った行動で実現できますし、
難しいことは極力省いています。

それでもなお難しい部分、できない内容があれば、
そこを避けて実践してもらっても時間をもっと増やすことで
女友達を彼女にできる可能性は十分にあります。

それでもまだ「失敗して関係が切れてしまったら・・」
と一歩踏み出せない人もいると思います。

私のノウハウの最大のメリットは、相手への告白誘導という行動は
しますがあなたから告白という行為はしないため女友達と関係が切れる
可能性は低いという点です。

つまり、このマニュアルでは

告白しても関係が切れるような告白方法自体を教えない

もし失敗しても、それをカバーする方法がある

1回の失敗などチャラになる100の信頼を得られる行動パターンを教えている

女友達の頭の中が徐々にあなたで占領されている状態なので、
相手の方が関係を切りたくない心境になっているため、ちょっとした失敗は影響しない

いま付き合う気がなくても、あなたの意思表示がうれしくて、
そこから意識し始めることはよくあり、それをテクニックとして使う。

ですから、女友達と関係が切れたら・・

という心配をすることなく安心してマニュアルを実践してください。

たとえ、すべてのプログラムができなかったとしても、
それまでやってきたことは無駄ではなく、
やった分だけの効果はちゃんとあなたにもたらされるはずです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
【告白する勇気がなくていい!失敗しても関係が切れにくい!】女友達を都合良く彼女に仕立て上げる告白法









パーフェクトグリーンはミドリムシで健康ダイエット


WiFiレンタル.com最新端末を気軽にレンタル


ネットスクウェア喪中はがき今なら60%OFF


レプロナイザー使うたび髪を美髪へ導くドライヤー


アンククロス有名モデル・タレントの御用達シャンプー


最高品質ホホバオイル真実のオーガニックブランドから


シュクルンでくせ毛を直毛へ導く


ローヤルゼリーもっちりジェルは乾燥による小ジワを目立たなくする


ナデテは男性が近づく髪の香り


ヒートケア髪ヤケドから髪を守る低温ドライヤー


凛恋シリーズ440万本突破のノンシリコンシャンプー


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »