当たる タロット占い

タロット占い


これも、結構メジャーですよね。



基本的には、素敵な絵柄の78枚の
カードを使います。


大アルカナという22枚のカードと
小アルカナという56枚のカードを
使います。



起源はけっこうナゾが多いのですが
古代エジプトの時代からとか
14世紀のイタリアからとか
いろいろな説があります。


大アルカナというのは良く知られているような
「魔術師」「恋人」「世界」
などのカード22枚で、これだけで
占うのが日本では主流のようです。


カードを裏向きにして机の上に置きシャッフルします。


そしてシャッフルしたカードの中から数枚を
引いて机の上に並べていきます。


カードの意味は、正位置(上下の向きが正しい状態)
逆位置(上下逆さまの状態)で変わってきます。


必ずしも正位置がいいとは限りません。


占い師によって、この並んだカードの解釈も
様々です。



明日の運勢は?とかより
恋愛相談や進路相談などに
向いていると言われています。

根強い人気のある占いです。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。