そもそもパワースポットとは
地球上にある「特別な場所」のこと。



昔から、そのような場所は
存在していました。



「大山詣で」「熊野三山詣で」「お伊勢参り」
がそうです。




もちろんパワースポットなんて呼び方は
なく、霊場とか聖地と呼ばれていました。




四国八十八箇所まわる、お遍路さんも
そうだったかもしれません。



昔から大地の力を得ようとする試みは
あったようです。



今は、パワースポットと呼ばれている
場所も、本来は信仰の場であって自然崇拝が
行われていた場であったんですね。





« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »