霊山のみつけかた

神社・遺跡の参拝の前に  つづき2


 霊山のみつけかたですが、、、



「御」という名前がついている
 山は、レベルの高い神様が
 いらっしゃいます。

 御岳とか御在所などは、そういうことです。



 日本を代表する富士山・阿蘇山
 立山・白山・榛名山・赤城山などなど

 霊山の多くは、火山です。


 日本は火山の国と言われますが、
 火山は地下のエネルギーが地表に
 出たものなので、大地のパワーが
 強いのです。


 だから、そういう山々を、人々は
 恐れや畏敬の念をもって、接して
 きました。


 霊山には、ほぼどこにも「巨石」が
 あります。


 それに、しめ縄をはって、ご神体と
 するところが多いです。

 この巨大な岩に神を祭る「磐境」こそが
 神社の原点なんです。

 神社の背後や、山中に「磐境」がある
 場合もあります。

 たいてい、そこがパワースポットに
 なっています。


 名前に「石」とか「岩」がついた山や神社
 には、だいたい巨石がありますよ。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。