運気 正月 過ごし方

運気があがる正月の過ごし方



よく話題になっていますね。


いろいろな占い師がいろいろ言って
ますが、共通することもあります。



元旦には神様が幸せをもたらす為に
各家庭にきてくれます。
そこで正月飾りをするわけですが、、


門松は、神様を迎える時の目印ですね。


しめ飾りは神の占めた
場所という意味をさしています。


神聖な場所との境界を作るもので、
家の中に邪気や、けがれが入らないようにし、
家内安全を願うために飾ります。 



できれば28日までに飾った方がいいらしいですよ。


29日に飾るのは、「二重苦」に通じ、縁起が悪い。


31日に飾るのは「一夜飾り」と言って、
新年にいらっしゃる神様に対して失礼らしいです。



新しくするもの、新鮮な気を取り入れるという
意味も込められているんです。


恋愛運を上げるためにはお正月に下着を
新しくするといいです。



すべてを新しくするというのは大変ですから、
食に関するもの、お箸や茶碗、湯呑み、
歯ブラシ、食器洗いのスポンジなどを
新しくするだけでも結構です。



おとそは、魔よけの酒の意味を持ちます。


雑煮・おせち料理は、神様へのおもてなしの
意味があり、縁起物を用意します。


初詣は、松飾りを飾っておく期間なので
1月7日くらいまでに行かれると良いです。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。